​  とがったぴーなつ、聖夜の公演

​『変革獣 ~マッチ擦ればそこは夢見る禁猟区~ 』

戯曲公開
『変革獣~』の戯曲はこちらからお読みいただけます。→
_DSC0625
_DSC0625

press to zoom
_DSC0682
_DSC0682

press to zoom
_DSC0057
_DSC0057

press to zoom
_DSC0625
_DSC0625

press to zoom
1/14
​写真撮影:吉田達哉
中小企業キヨシ・コノ・コーポレーション。
この会社は、毎年12月24日の夜、ハンドベルを鳴らしクリスマスを呼ぶという重要な業務を任されている。
 
そのキヨシに勤めるへっぽこ社員のトナカイ、トナカミは​、クリスマス直前に自分のミスでベルの音を逃がしてしまう。
このままではクリスマスが来なくなってしまう!と大騒ぎのトナカイたちは、逃がした音の代わりを探すため、
外回り営業に出ることに。トナカミも営業に出るが、道中迷い込んだ森でマッチ売りの少女と出会うのだった。
「マッチすると、マッチから電気信号があなたの脳に飛びます。その脳内に飛んだ電気信号が、あなたの前頭葉に作用して、
ハイビジョンのともし火を、眼前に映し出します。サイズは大体、4Kのフルスクリーンです」
少女のマッチの炎に想像の世界を見たトナカミは、このストレス社会から逃れるため、次第にマッチの世界にのめり込んでゆく。